和紙の照明で和のおしゃれ空間

最近海外からも注目されているのが、和紙を使った照明器具です。

もともと、日本人よりも海外の人のほうが暖かい色の光、いわゆる電球色を好む傾向にありましたが、クールジャパンが広まるにつれ「和テイスト」のものに人気が集まっています。



アニメや漫画の影響で「あんどん」「ちょうちん」に興味を持つ人が増え、和紙を通したぼんやりとした光が「おしゃれ」と注目されています。以前から和紙を使った照明器具はありましたが、電球は熱を発生させるので安全面からあまり普及されませんでした。

あなたにオススメの日本経済新聞が最近こちらで話題になっています。

ところが、LEDが使われるようになると、熱の発生はほとんどないので、比較的自由にデザインすることが可能となったのです。

また、日本人が好む白い「蛍光灯の光」は、夜間にあびるには強すぎる照明だといわれています。
和紙を通したうすぼんやりした灯りで数時間過ごした後、眠りに入るほうがしっかり眠れるといわれています。
以前から多くあるペンダント型のものから、足元に置くテーブルライトまで種類も豊富にあります。
特にテーブルライトは紙の「どんな形にも加工できる」特製を活かして、くにゃくにゃと曲がったデザインや繭のような独特のデザインのものもあって個性的なおしゃれを楽しめます。



海外のデザイナーも和紙の強度や自由度の高さに注目し、和紙の可能性を広げるようなおしゃれなデザインのものを作り出しています。部屋のテイストがあまり和風では合わないという方にも大丈夫です。

和紙はすき方によって紙の表情が色々異なります。

ぜひ見比べておうちに合う照明を選んでみてください。